はじめまして!

  • 取引所
  • 円(JPY)
  • ビット(BTC)
  • 24H変動量(BTC)
  • 24H変動量(%)
  • 取引量(HTML)
  • Coinmarketcap
  • Bleutrade
  • Tradesatoshi
  • Cryptobridge
  • Fatbtc
  • FXCbit

* FXCbitは取引量APIの未支援に基づき表記されていません

* POW 難易度 :                      POS 難易度 :

photo_2018-01-23_18-02-26.jpg

 

 

 

 

1. HTMLコインの特徴

 

ここでは、HTMLコインの特徴があります!

 

しかし、この程度の特徴は、他の多くのコインも備えています。

 

重要なことは、これらの特徴を最大限に活用しているかということです。

 

HTMLコインがすべて暗号貨幣の技術を最大限に活用するコインであることをPOMAプラットフォームが証明しています。

 

POMAプラットフォームについては、以下のリンクを参照してください。

 

https://htmlcoin.jp/poma

 

 

 

 

 

12.PNG

 

 

 

 

2. HTMLコインの機能

・11月中旬に旧HTML5コインからQTUM基盤の新しいコインにスワップ

 

・ビットコイン(Bitcoin core 0.14)とイーサリアム(Smart contract)の利点をそれぞれ採用したハイブリッドコイン

 

・Pow(採掘)+ Pos(ステイキング)が同時可能

 

・発展途上国と自治体が現在の主なターゲット

 

・Segwit(現在)とLighting Networkの適用(予定)で現存する最も速い暗号通貨である可能性あり。(ブロックコンフォームの速度がQTUMに比べて2倍以上高速)

 

・2月に、Androidモバイルウォレット発売予定で、IOSウォレットも発売予定

 

・POMAプラットフォームがHTMLコイン開発チームの最初のプロジェクト(現在POMAに関する方向性が明らかにされた状態)

 

・現在 Bleutrade、Crypto Bridge、TradeSatoshiでスワップされたHTMLコイン購入可能

 

・Yobit取引所は、別途スワップが必要(https://htmlcoin.com/swap-form/)

 

・NextExchange, FXCBit, Kucoin, FatBTCなどで新規上場予定

 

・大手取引所に上場準備中(2018.01.16現在33箇所の取引所と協議中)

 

htmlcoin_features_2017.jpg

 

 

 

3. HTMLコインの位置づけ

 

旧HTML5コインが、ハッキングされた事実があるコインだとして、懸念される方がいらっしゃいます。

 

これは、正確には、51%の攻撃を受けたものであって、その当時、HTML5コインを含むいくつかの旧ブロックチェーンコインも受けた攻撃でした。

 

その詳細な内容は、以下のリンクを参照してください。(https://99bitcoins.com/51-attack-simplified-bitcoin-tutorial/)

 

 

現在のHTMLコインは、リアルタイムチェックポインティング技術を適用して、これらのリスクを根本的に遮断し、過去に経験により、どのコインよりもさらにセキュリティに総力を注いでおります。

 

一例として、HTMLコインの上級開発者であるサイモンは、自らのセキュリティに「強迫的」である傾向があり、実際にすべてのコインの開発者はそのように考えるべきことを明らかにしております。

 

HTMLコインは、単に最速コインだけでなく、最も安全なコインとして位置づけられております。

 

 

 

 

 

 

photo_2018-01-20_02-40-09.jpg